• ホーム
  • かつらの人工毛と人毛の違いを検証

かつらの人工毛と人毛の違いを検証

かつらには大きく分けると二つの種類があり、人の髪の毛から作られている人毛と、ポリエステル系の化学繊維が原料となっている人工毛があります。
かつらを利用する人の目的はさまざまであり、年齢や性別の点でも幅広い人に利用されています。
髪の毛が薄くなってしまったことで利用をしたいという人をメインとして、おしゃれとして自分の髪型とは違ったヘアスタイルを気軽に楽しみたい人、病気の治療として抗がん剤を利用していることから一時的に髪の毛が抜けて今だけ利用したい人もいます。
髪の毛が薄くなったという場合でも、一時的なものから年齢とともに今後も装着し続けたいという目的の人もおり、おしゃれ目的であれば自分の髪の毛が長いので、髪の毛を切らずにショートヘアやボブカットなどいろいろな髪型を楽しみたい人、短い髪の毛が伸びる前にロングヘアを楽しみたい人もいます。

かつらを人毛と人工毛のどちらにするのかは、長期的に使用したいのか、それとも短期的に活用したいのかによっても選び方が違ってきます。
また、予算重視で手頃な価格で気軽に挑戦してみたい場合やかつらとは分からないような自然な見た目を求めている場合によっても選択肢が違ってきます。
人毛と人工毛には、どちらにもメリットを持っており、さらにどちらにもデメリットとなる面を持っています。
どちらのかつらにも、毛の色や質感、長さやデザインなどさまざまな種類が揃っています。
まずはどの素材を利用したいのかという点から決める必要があり、そのためには自分はどんなかつらを求めているのかという点を明確にしておかなければなりません。
かつらには、人毛だけや人工毛だけで作られているものもあるのですが、両方をミックスさせて作られたかつらも用意されています。
両方が入っていれば、それぞれのデメリットをカバーすることができつつもメリットとなる点を引き出すことができるアイテムとなるので、迷った時にも役立ちます。

人工毛と人毛のメリットとデメリットについて

人毛のメリットとしては、自分の髪の毛ではなく誰かの髪の毛であるけれども、化学繊維ではないことから自然な見た目を得ることができます。
つまり、かつらと分からないように見せたいという人には向いていることになります。
また、触られたとしても自然な手触りがあり、好みに合わせてカラーやパーマーをすることができる、ドライヤーやコテを使ったスタイリングも安心してできるという点がメリットともなります。
もみあげなど風が吹いて部分的に自毛が見えてしまっても、自毛になじみやすく、お手入れも自分の髪の毛用として使用していたシャンプーをそのまま活用することができます。

一方、これらの人毛のメリットは、人工毛にとってはデメリットとなってきます。
しかし、人工毛にも人毛にはないメリットを持っています。
人工毛は、より人毛に近い自然さを出すことができるような開発が進められています。
カラーやパーマーはできないとしても、耐熱加工が施されている商品もあるので、ドライヤーやコテを使用して自分の髪の毛のようにヘアスタイルをアレンジすることも可能です。
人毛では、もともとのその人の髪の毛のくせに左右されることになりますが、人工毛であれば形状記憶加工が施されていることによってスタイリングの持ちを良くさせることができます。
長く使用したいという人にも、色褪せることがないので長期的に同じ状態を維持させることができたり、水に濡れたとしても乾燥が早いので、面倒に感じることなくまめにお手入れをして衛生的に使用することができます。
若い人がおしゃれ目的で利用されることが多いため、豊富なデザインが揃っているのも魅力であり、何といってもリーズナブルな価格が最大のメリットともなります。