• ホーム
  • ウィッグで色々と髪型をアレンジしてみる

ウィッグで色々と髪型をアレンジしてみる

ウィッグは、被るだけで髪の毛の印象を手軽にアレンジすることができるアイテムであり、その利用目的はさまざまです。
薄毛や病気の人になると、髪の毛がないことを気にして隠す目的で利用されることもあります。
また、洋服だけでなく髪型もその日に合わせてアレンジをしたいというファッション目的でも人気があります。

ウィッグの素材には、人毛と人工毛の二種類があります。
人毛になると、もともと誰かの髪の毛であったことから自然な見た目を手に入れることができます。
艶感や質感、手触りも違和感を感じることがないので、もともと自分の髪の毛のように見せることができ、お手入れの面でも普段使っているシャンプーをそのまま活用することができるので面倒なことはありません。
カラーやパーマを施すことができるので、いつも同じ髪型ということもなくなります。

一方、人工毛になると手頃な価格から販売されているので手に入れやすいというメリットもあるのですが、種類によってはいかにも人工毛であることが分かってしまうこともあります。
それでも、人工毛の研究開発によって今日ではより人毛に近い仕上がりのものもあり、耐熱加工がされているので自分の髪の毛と同じようにドライヤーを掛けたりコテでカールさせたりとアレンジすることもできます。

人工毛は、おしゃれを目的として利用されることが多いので、髪型や長さ、色には豊富なバリエーションが揃っており、選ぶ楽しみもあります。
髪の毛が長いという人にとっては、せっかく伸ばした髪の毛をカットしてヘアスタイルを変えるにももったいないことになりますが、ウィッグがあればその日に合わせてショートヘアやボブカットなどいろいろと楽しむことができるようになります。
また、髪の毛が短い人でも、伸びるまで待たずにロングヘアーを味わうことができます。

ウィッグは、人工毛と人毛のどちらかで作られていることが大半なのです。
しかし、それぞれのメリットを生かした両方をミックスさせたウィッグも販売されています。
豊富な種類から自分に合ったものを選んでみるといいでしょう。

病気で髪の毛を失った人へ寄付できるヘアドネーション

がんの治療法の一つに、抗がん剤投与があります。
手術をすることなくがんの活動を抑えて小さくすることができる治療方法となるのですが、高い効果がある一方で髪の毛を失ってしまうなどの影響も出てしまいます。

髪の毛を失ったということは人の前にも出ることをためらってしまう人もおり、メンタルの面でも病におかされてしまうことがあります。
そんな時でも、ウィッグがあれば見た目を気にすることもなくなります。

ウィッグは、おしゃれとしても役立つアイテムではありますが、病気で髪の毛を失ったことは隠したいものであり、より自然に見えるウィッグが求められることになります。
人工毛よりも人毛が向いているのですが、人毛は人工毛よりもはるかに金額が高くなってしまいます。
治療費だけでも高額な金額なのに、人工毛のウィッグを購入するというのは金銭的な負担がありますが、そんな人の助けとなるのがヘアドネーションです。

ヘアドネーションは、病気で髪の毛を失ってしまった人に無償でウィッグを寄付をするというシステムです。
髪の毛は、一般の人からの寄付を募っており、31センチ以上の長さの髪の毛であれば子供から大人までだれでも提供することができます。
髪の毛を引っ張ると切れてしまうほどのダメージを負っていると難しくなりますが、パーマやカラー、ブリーチをしたことがある髪の毛でも可能です。
癖があるなど髪の毛の質にも左右されず、白髪が入っている場合でも提供が可能です。
もしも、自分の髪の毛が短いので提供は難しいという人でも、無償提供によって集められた髪の毛をウィッグとして加工する際に必要な経費を寄付として募金することもできるため、誰にでもできる活動となります。