• ホーム
  • 女性の髪の毛を売ってお金にすることができる

女性の髪の毛を売ってお金にすることができる

豊かな黒髪は女性の財産。
とはいえ、女性の髪の毛を売ることができるという事実は知っていますか。
美容院でただ切るだけでなく、売ることで小遣い稼ぎもしてしまいましょう。

髪の毛を売ると言っても、臓器を売りさばくような怪しげなものではありません。
もちろん中にはそういったところもあるのかもしれませんが、ヤフーオークションなどで十分売買はできるのです。
人の髪の毛を買取ってくれる企業と言うのはいくつもあります。
たとえばエクステンションであったりウィッグであったり、ヘッドマネキンなど作る材料とするのです。
エクステンションやヘッドマネキンはおしゃれ好きの女子の役に立ちますし、それ以上に病気や怪我によって一部はげたり髪の毛が抜け落ちてしまった女性のためのウィッグの材料になって、少しでも癒すことができれば、美容院で切ってゴミになってしまうよりもよっぽど有効な使い方と言えるでしょう。

買い取り業者によってその相場は異なるものの、20センチ以上200g前後で2000円弱というのが相場です。
短い髪の毛の買い取りを行っている業者もありますが、短いと使用方法も限られてしまうためほとんど取り扱いはありません。
美容院に行くたびに小遣い稼ぎができるというよりも、ある程度は長く伸ばして、しかも日頃からきちんと手入れをしてやって美しい状態を保っておいたほうが高値で売れると思っておいてください。
毎月のように稼げるというわけではないのです。
切れ毛や枝毛があり傷んだ髪だと買取の際の減額対象になったり、買い取り自体が不可能となることも。
高値をつけてもらうにはそれだけの投資はしなければならないのです。
もちろん、きれいな黒髪というのは自分にとってもプラスです。
もしもそのきれいな髪をなんらかの事情でばっさりと切ろうと思ったときには思い出してみてください。
中にはある程度ダメージがある毛であっても買取ってくれるところもあるので、試してみる価値はあります。

途上国の経済発展に伴い髪の毛不足となっている

そうして手に入れた髪の毛、特に売れ筋なのは急速な経済発展を遂げている途上国です。
たとえば中国、たとえばアフリカなどの国々に輸出されるのです。

経済発展する途上国での使い道というのはほとんどはウィッグです。
と言ってもアフリカ系の人々の髪というのは縮れているのが特徴。
まっすぐなストレートの日本人の毛は売れないように思えますが、だからこそウィッグです。
自分たちにはないストレートに憧れ、アフリカ系のモデルもミュージシャンも、ハリウッドセレブたちも、更には大統領夫人までウィッグを被ったりエクステンションをつけたり、場合によってはアルカリの溶液で髪の毛を溶かしたりまでしてまっすぐな髪の毛を実現させようとしているのです。
アフリカが経済的にどんどん発展していく中でセレブならずとも一般庶民だってウィッグやエクステンションをおしゃれのためにと使い始めました。
その結果、深刻な髪不足となっているのです。

中国でも東部に位置する安微省太和県には人毛加工会社が400社以上あります。
世界の人毛の多くをここで作り出しているのです。
アフリカが人毛を求めるとともに中国も経済的に豊かになっていきどんどん海外に人毛の材料を仕入れるようになりました。

もちろん日本でも髪は売れています。医療用ウィッグ作りは必要です。
それを求める女性は決して少なくはありません。

髪の毛の長さや健康状態だけでなく、高品質を維持するためにも年齢制限をしている場合もあります。
買い取り業者が望んでいるのは美しい乙女の黒髪です。
いつもは捨ててしまっていたあなたの髪の毛がいろいろなところで活躍してくれると考えるとうれしいことではありませんか。
それをゴミにするのもお金に変えるのもあなた次第です。